ホーム 会社概要 プロダクト サービス パートナー アクセス

ハイスループット合成装置


コンビナトリアルガラスバッチ調合装置    
 

1. 4成分系で最大24種類のガラスバッチの調合を
  自動的に行います
2. 20g程度のバッチ調合まで対応できますが、現在は
  1g程度の少量バッチの調整にしようしています
3. 攪拌機構は付いていないので、別途攪拌機により
  最大12個づつ攪拌します

 
 
 
 

 コンビナトリアルガラス形成テスター  

1. 一度に24個のガラスバッチ(<1g)をルツボ中で溶解し、冷却室でそのまま冷却して、ルツボ中の融液がガラスになったかどうかを自動的に判定するガラス化範囲自動決定装置です
2. ガラステスターの処理能力は約200個/日です

   

コンビナトリアル湿式自動試料作成装置      (a)コンビット:
湿式自動試料作成装置

1. コンビナトリアル手法に基いた本装置は、湿式合成を用いたあらゆる実験現場において、新物質の探索や材料特性の最適化に新しい手法を提供し、研究にかかる時間的・人的コストを大きく削減します。

2. 本装置は出発原料となる複数の溶液またはスラリーを秤量・混合し、攪拌後、多試料を載せることが可能な基板に盛り付け、乾燥する作業を完全自動で行います。

3. COMBIT(コンビット:湿式自動試料作成装置)は市販を前提としてコンパクトに設計されております。

4. COMBIG(コンビック)は雰囲気制御炉内での熱処理まで行うことができる構成になっています。1バッチで作成可能な試料数は最大64(8x8)です。

5. 焼成後すぐにコンビナトリアルX線回折装置(Typ. 60-120sec/sample)を用いて生成物の同定を行うことができます。

 
  
 (b)コンビック:
コンビック+自動開閉扉付
雰囲気制御炉
 
 (c)コンビナトリアルX線回折装置:
自動移動加熱サンプルホルダ付