ホーム 会社概要 プロダクト サービス パートナー アクセス

表面硬度評価

表面が硬くより低い温度で作成できる ガラスの発見           ガラスの転移温度
 

1. 表面が硬くて従来より低い温度で作製できるガラスの発見例です。

2. ノートPCのハードディスクの基板として、ガラス或いはガラスから結晶にした板が使われています。これは、ガラスの表面が非常に精度良く平滑に研磨できることによります。原理的には、原子オーダーで平滑に出来ます。

3. 現在は、図の右上部に点で示してある、SiO2Al2O3を主成分とするアルカリ金属イオンを含まない堅いガラスで作られています。このガラスは、1600度くらいの非常に高い温度を掛けないと溶融製造できません。

4. 図の左側の点群は新に見いだしたガラス群で、400度以上低い温度で溶融でき、しかも現行品と同等の硬さのガラス群です。