ホーム 会社概要 プロダクト サービス パートナー アクセス

DTA(示差熱分析)評価

 ハンダガラスの探索評価例  
 

1. 有害な鉛を含まないハンダガラス探索例です。

2. ハンダガラスはガラスとガラスをくっつけるガラスでくっつけるガラスよりも低い温度で軟らかくならなければなりません。また、膨張係数は相手のガラスにより調整しなければなりません

3. 環境汚染問題から、現在世界的に鉛を含まない同特性のガラス系が求められています。これはその探索結果です。図中の様々な形の点が、探索したガラス群の特性値です。

4. 鉛を含む系と同じ熱特性のガラスが多数見つかっています。